今年の10月末に、NY市クイーンズ区にある市内で唯一の牛乳工場が閉鎖されました。そのエルムハースト・ディリー社の牛乳は、8,300店で販売され、公立学校1,400校の給食に提供されていたほど大きく、歴史アル会社です。「長年、努力を続けてきたが採算が取れず、創業者の希望をかなえること(NY州で続けていくこと)が困難になった」と、同社のCEOは言います。同社のようにNYから姿を消した牛乳会社は、過去25年間で20社にも上ります。