米国立眼研究所(NEI)によると、小児弱視の1つとされる「斜視」は子ども100人のうち2〜3人に見られる症状で、治療しないと大人になっても続く可能性がある。そんな斜視の治療を子どもが楽しみながら受けられるようになるかもしれない。小児の斜視治療において、iPadゲームを行う治療が現在の標準治療であるアイパッチ療法よりも改善効果が高いと米国・Retina Foundation of the Southwestの研究グループがJAMA Ophthalmology(2016年11月10日オンライン版)に報告した。