手術はそれ自体辛いものだが、術後に起こるさまざまな症状に苦しめられることがある。術後の頭痛もその1つだ。この度、ギリシャのアテネ大学の研究グループが、緊急ではなく、計画的に手術を行った患者を対象に、術後に起こる頭痛のリスク要因を調べたところ、女性であること、セボフルランという吸入麻酔液を使用すること、手術中の低血圧、喫煙―が術後の頭痛を招く要因になることが分かったという。詳細は、医学誌「Journal of Anesthesia」(電子版)に掲載されている。