妊娠中はカフェインをなるべく摂らない方がよい...とコーヒーや緑茶、紅茶などの嗜好品を控えたり、カフェインレス加工がされたものを摂るようにしたりと気を遣うこともしばしば。が、なぜ妊娠中のカフェインが良くないのか? その明確な答えは分からずに、なんとなく避けながらも妊娠期間を過ごすことも多いだろう。実のところはどうなのだろうか? このたび、ブラジルの研究グループが妊娠中の母親のカフェイン摂取と産まれた子どもの注意欠陥・多動性障害(ADHD)との関連性について医学誌「British Medical Journal」(2016:DEC5;6)に研究結果を発表した。