何を言っても、何をやっても、一向に勉強しないわが子。子どもの勉強の「やる気スイッチ」はどこにあるのか、果たして存在するのかも怪しい・・・・・・さらに、自分自身の「やる気スイッチ」でさえ、どこにあるのか・・・・・・。この意欲を制御する「やる気スイッチ」について1つの発見が報告された。大脳のある限られた領域の細胞集団が障害を受けると意欲が障害されること、この細胞集団が健康でないと意欲を維持できないと慶応大学らの研究グループが科学誌(2017 Feb 1;8)に発表した。