がんの治療技術が進歩し、生存率が大きく改善している。がんの治療をしながら生活する人や職場に復帰する人も増えてきた。そんな中、抗がん剤治療を受けるがん患者に対して、副作用による外見の変化をケアする動き(アピアランスケア)が注目されている。先ごろ、湘南記念病院(鎌倉市)乳がんセンターの土井卓子センター長が講演し、あまり認識されていないがん患者が抱える外見の変化に対する悩みや、ケアがもたらす効果について、アンケート結果を交え解説した。