最近、出かけるのが億劫になった、疲れやすくなった・・・・・・人間は年を取ると誰でもどうしても身体に異変を感じたり、若い頃とちがう自分の体に気がついたりする。老化は自然なことで仕方ないことだが、老化とは違う「フレイル」をご存じだろうか? 生活に支障のない老化なら問題ないが、フレイルというのは加齢で筋力や活力が低下し活動力が落ちる状態で放置すると、要介護につながる、健康と病気の中間のような段階だという。このたび、働き方によってフレイルになるリスクに差が出ると英国の研究グループが医学誌オンライン版に発表した。