喘息の子どもは、以前より増えている。夜中にゼーゼーして眠れない、呼吸が苦しそうといった子どもの様子に気を揉んでいる保護者も少なくないだろう。このほど、子どもの喘息に関するちょっと気になる研究報告が、米国の南カリフォルニア大学の研究グループから出された。喘息の子どもは、10歳代にかけて肥満になるリスクが高いという。研究の詳細は、1月19日発行の医学誌「The American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine」(電子版)に掲載されている。