学校の検診で「背骨が曲がっている」と言われた・・・・・・思春期側弯症(以下、側弯症)は、10歳以降の成長期の女子に多く発症するが、自覚症状が乏しいため、はじめは本人も周りの家族も気づかないことが多いという。慶應大学らの研究グループは、側弯症に関連する生活習慣について調査し、多くの日常生活習慣や動作は側弯症に関係ないこと、バレエなどの一部の運動が関連しているという研究結果を医学誌「The Journal of Bone & Joint Surgery」(2017 ;99:284-294)に発表した。