認知症を発症した場合、認知症を完治させる治療薬がないため、現在は発症を予防することに力が入れられている。個人レベルで、認知症を予防する効果があるという食物やサプリメントを生活の中に取り入れたりしている人も多いだろう。最近の研究では、日本人の認知症の大部分を占めるアルツハイマー病は、老廃物である「アミロイドβ」が脳血管へ蓄積することが一つの原因であることが明らかになってきた。そこで、国立循環器病研究センターの研究グループは、脳アミロイド血管症に焦点を当て、アミロイドβの蓄積を抑制する物質を突き止めたと医学誌「Acta Neuropathologica Communications」(4 April 2017)に発表した