背が高い・低いといった「体格」は、その子の個性でもある。しかし、全てを個性で片付けてしまってよいのだろうか。先ごろ、横浜市立大学附属市民総合医療センター(横浜市)小児総合医療センターの志賀健太郎講師は、子どもの低身長にフォーカスし、そこに潜む問題や病気、成長曲線の活用法などについて講演した。