著名人による事件報道や、警察活動に密着したドキュメント番組など、薬物依存をテーマにしたマスコミ報道は後を絶たない。共通するのは、「薬物依存=犯罪」の視点にのみ立ち、当事者へのバッシング、あるいは当事者への「反省」を促すものばかりであることだ。「薬物依存=病気」という観点から治療を促す建設的なものはあまり見ない。当事者を孤立させる一方の現状の報道の在り方、それを受け取る一般市民の認識について、考え直す必要はないだろうかー。長年にわたり薬物依存の診療や研究に携わる国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部の松本俊彦部長に、薬物依存に陥る根本的な原因や、日本と欧米における薬物依存に対する取り組み方の違いを聞いた。