妊娠前や妊娠中に薬を服用していると、生まれる子どもにどのような影響があるのか気になるところ。その薬が抗うつ薬である場合、心配は尽きないだろう。香港の研究グループが大規模な研究の結果から、妊娠中の抗うつ薬の服用は子どものADHDの発症に関連性があると、医学誌「BMJ」(2017;357:j2350)に発表した。