酒さ(しゅさ)性皮膚炎という病気をご存じだろうか?原因不明の慢性の皮膚疾患で、顔の中心(鼻、ほほ、あごなど)に潮紅や紅斑、毛細血管拡張、丘疹や膿疱などの症状が生じる。赤ら顔になることから、女性の悩みは深刻だ。このたび、たばこと酒さについて興味深い研究結果―女性では過去の喫煙歴が酒さの発症しやすさと関連する―と米国の研究グループが医学誌「American Journal of Epidemiology」(2017;186(1):38-45)に発表した。