夏の旅行シーズン最中だが、米疾病対策センター(CDC)は、欧州ではしか(麻疹)が流行しているとして、渡航予定のある人は麻疹の予防を講じるよう注意を喚起するリリースを発表(Wednesday, July 19, 2017)した。欧州では昨年(2016年)1月以降、麻疹が1万4,000人以上報告され、世界保健機関(WHO)によると、欧州での昨年の麻疹による死亡例は35人に上っている。