脈拍が異常に速くなる「頻脈性不整脈」は、心臓がドキドキしたり、めまいや立ちくらみ、失神やけいれんを起こしたりして、時には命に関わることもある。このたび、東北大学大学院医学系研究科循環器内科学分野の下川宏明教授らの研究グループは、頻脈性不整脈の治療において、従来法の抱える問題点をクリアした全く新しい方法を開発。衝撃波を用いた画期的な治療法について、その有効性と安全性を動物実験で確認したと発表した。詳細は、8月2日発行の欧州心臓学会誌「EP Europace」(電子版)に掲載されている。