自覚症状に乏しく、気付かぬうちに進行すると視野が欠けてしまう「緑内障」は、中高年になると増えてくる。東北大学大学院医学系研究科眼科学分野の中澤徹教授らの研究グループは、このほど、緑内障の新しい治療法につながりうる研究結果を発表した。みかんなどのかんきつ類に多く含まれているポリフェノールの一種「ヘスペリジン」という栄養素が、目の網膜の内側面にある網膜神経節細胞を保護する効果を示すことが、マウスの実験で明らかになったという。詳細は、7月31日発行の医学誌「Scientific Reports」(電子版)に掲載されている。