妊娠中の女性にとって、薬の服用は、おなかの赤ちゃんへの影響が心配だ。できることなら避けたいところだろう。英国ブリストル大学などが行った研究によると、母親の妊娠中の抗うつ薬使用が、生まれてくる子どもの自閉症リスクに関係するという。研究の詳細は、7月19日発行の医学誌「BMJ」(2017;358:j2811)に掲載されている。