軽度な視覚障害でも人生に与えるインパクトは大きい。運転ができなくなったり、仕事がやりづらくなったり、趣味である映画や読書が楽しめなくなることもあるだろう。2015年の世界の失明者数は3,600万人、弱視者数は2億1,660万人と推計されると、英国の研究グループが「The Lancet Global Health」(2017年8月2日オンライン版)に発表した。