革新的なレーザー治療機器として大きな期待を集めているのが、ピコ秒レーザーである。100億分の1秒という短時間で照射され、レーザー光により生ずる音響的な効果(衝撃波)によってシミやあざの色素粒子を破砕する。日本でいち早く同レーザーを導入した大城クリニック(東京都)の大城貴史副院長は「ピコ秒レーザーは従来の主流であったナノ秒レーザーに比べてパワーが強く、入れ墨をはじめ、シミ、ソバカス、あざなどを効果的かつ安全に治療することができます」と話す。