「AMR対策、いきまぁーす!」という独特のフレーズにピンとくる人にとっては、より効果的なPRかもしれない。近年、不適切な抗生物質・抗菌薬の使用によって、抗生物質・抗菌薬の効きにくい性質〔薬剤耐性(AMR)〕を持った細菌が世界的に増加している。この危機を打破すべく、あの国民的人気を誇るロボットアニメのキャラクターが立ち上がった。厚生労働省と国立国際医療研究センター病院AMR臨床リファレンスセンター(AMRCRC)は、ロボットアニメ『機動戦士ガンダム』とコラボレーションし、AMR対策キャンペーンを開始した。AMR対策を啓発するポスターやリーフレットを、2018年3月までの期間限定で、全国の病院や調剤薬局などに掲示、配布するという。