骨粗鬆症は、骨がもろくスカスカになり骨折しやすくなる病気だ。世界でもトップクラスの長寿国である日本では、その予防と治療が喫緊の課題だ。毎年10月20日は、世界骨粗鬆症デー(World Osteoporosis Day;WOD)。日本で骨粗鬆症に関する正しい情報の普及と啓発に努める骨粗鬆症財団は、10月20日の「世界骨粗鬆症デー」に先駆け、先ごろ東京都内でセミナーを開催。全国の都道府県別の骨折率データが発表されるなど、骨粗鬆症対策の普及に向け機運が高まっている。