乳幼児突然死症候群(SIDS)は、冬季に発症しやすい傾向にある。この点から厚生労働省は、毎年11月をSIDSの対策強化月間と定め、SIDSに対する社会的関心を高めるため、発症リスクを低下させる3つのポイントなどについて普及啓発活動を展開している。