糖尿病は、進行すると失明や人工透析、足の切断といった恐ろしい事態を招く病気だ。確かにこうした合併症の怖さは意識しなければならないが、男性患者にとっては「男性力」への影響も気になるところではないだろうか。この度、欧州を中心とする研究グループが、糖尿病の男性では半数以上に勃起不全(ED)があり、その頻度は健康な男性の約3.5倍に上るとの研究結果を報告した。詳細は、9月発行の医学誌「Diabetic Medicine」(2017;34:1185-1192)に掲載されている。