処方された薬を正しく飲むかどうかは、治療の成功・失敗を左右する大きなポイントだが、その傾向は患者の"タイプ"別に分類できるという。横浜市立大学分子内分泌・糖尿病内科学教室教授の寺内康夫氏は、日本イーライリリーが東京都内で開いたプレスセミナーで、2型糖尿病患者を対象にした調査の結果を報告。自分の病気に対して楽観的な患者ほど、薬を飲み残す傾向にあることを示した。