インフルエンザの重症化を予防するためにはワクチンを接種することが望ましいが、忙しい毎日のなかでついつい忘れてしまうことも。携帯電話にワクチン接種を促す通知を送ることでワクチン接種率が向上するという研究結果が報告された。お知らせを受け取った人は受け取らなかった人よりも39%接種率が高かった。