先日、「アトピー性皮膚炎のDisease Burden(疾病負荷)を考える」(主催:サノフィ株式会社)と題するメディアセミナーが行われた。疾病負荷とは、個別の病気が社会に及ぼす損害のこと。いくつか指標があって、患者数や死亡率、障害の重症度、生活の質(QOL)への影響、医療費や欠勤による遺失利益などから計算する。