米・Womack Army Medical CenterのSheryl Bedno氏らが、米国陸軍兵士を対象に喫煙とトレーニングに関連した筋骨格系損傷(骨、関節、結合組織の損傷)リスクの関係について検討を行った結果、喫煙者では非喫煙者に比べてリスクが約30%高いことが分かった。詳細はMed Sci Sports Exerc2017; 49: 2191-2197)に発表された。