加熱式電子たばこによる禁煙効果については世界的に意見が分かれている。国立がん研究センターは、同センターがん対策情報センターたばこ政策支援部の平野公康氏らが禁煙に取り組んだ人800人を対象に実施した調査の結果、電子たばこによる禁煙の有効性が否定されたと発表した。同センターは「電子たばこは禁煙の手段として推奨または促進すべきではない」との見解を示している。今回の研究結果はInt J Environ Res Public Health2017; 14: E202)で発表された。