目に入った光は水晶体などで屈折し、目の内側をおおっている網膜(光を感じる膜)に達した後、脳で認識される。網膜のほぼ中心にあり、他の部分より少し黄色く見える部分が黄斑(おうはん)である。ものの詳細を見分けたり、文字を読むのに非常に大切な場所である。その黄斑が障害されると、視野の中心がゆがんで見えたり、見えにくくなるなどの著しい視力低下をもたらす。バイエル薬品株式会社主催の記者勉強会で東邦大学医学部眼科学講座講師の柴友明氏は、生活を脅かす黄斑の病気の特徴について解説した。