自分の欲求を我慢したり、頭を切り替えたりするなどの「自制心」の基盤となる能力は、実行機能と呼ばれる。近年、幼児期の実行機能の個人差が、児童期の学力や友人関係、成人期の経済状態や健康状態を予測することが示唆されているという。京都大学教育学研究科准教授の森口佑介氏、国立教育政策研究所主任研究官の篠原郁子氏らは、国内の3~6歳の小児81人を対象に研究。実行機能に深く関与する外側前頭前野の活動には、神経伝達物質ドパミンを分解する酵素であるCOMT (カテコール-O-メチルトランスフェラーゼ)遺伝子が関与しており、その遺伝的影響が見え始めるのは5~6歳以降であることを、Dev Sci. 2018年1月5日オンライン版で報告した。