妊娠中は、なぜか無性にイライラしたり不安を感じたりと、精神的に不安定になることもしばしば。そんな妊娠中の女性にとってうれしい研究結果が報告された。富山大学医学部公衆衛生学講座の浜崎景准教授らのグループが、妊娠期に魚を多く食べている妊婦は、あまり食べない妊婦と比べて「抑うつ状態」に陥る人が少ないことを明らかにしたのだ。研究の詳細は、11月28日発行の精神医学専門誌「Journal of Psychiatric Research」(2017;98:9-16)に掲載されている。