血圧といえば、以前は病院で医師や看護師に測ってもらうものだった。しかし最近では、家庭で測る「家庭血圧」が重要視されている。家で毎日、血圧を測っているという人も多いのではないか。この度、名古屋大学大学院の室原豊明教授らの研究グループが、血圧の測定時に腕に巻く帯状の腕帯(カフ)を必要としない血圧測定技術の開発に成功したと発表。この成果は、科学雑誌「Journal of the American College of Cardiology (JACC): Basic to Translational Science」(2017;2:631-642)に掲載されている。