東北大学東北メディカル・メガバンク機構は、宮城県内および岩手県の一部地域に住んでいる妊婦とその家族を対象とした家族調査を行っている。この調査は、子供、両親、祖父母の三世代の健康状況や生活習慣を追跡する世界で初めての三世代コホート調査と呼ばれるもの。同機構は、研究の登録目標数を上回る7万3,085人の住民が登録されたと、2月1日に公式サイトで発表した。この種類の研究規模としても世界最大となった。