2015年に国際てんかん協会(IBE)と国際抗てんかん連盟(ILAE)が2月の第2月曜日をInternational Ep­i­lep­sy Dayに制定し、日本てんかん協会が世界てんかんの日とした。聖バレンタインがてんかんのある人々を救った聖人と称えられていることから、バレンタインデー(2月14日)直前の月曜日が選ばれた。