ブドウ由来のポリフェノールがうつ病の治療薬になりうると、米マウントサイナイ医科大学の研究グループがNat Commun2018; 9: 477)で報告した。研究により、ポリフェノールが従来の抗うつ薬とは異なるうつ病のメカニズムをターゲットとすることで、症状を軽くする可能性があることが分かった。