がんによる死亡を減少させるには、早期発見が重要だ。米国ジョンズ・ホプキンス大学などの国際共同研究グループは、先ごろ、新たながんの検査法の開発に成功したと発表した。1回の血液検査で8種類のがんの有無を判定し、さらにはがんの部位も特定できるという。詳細は、1月18日の科学誌「Science」(オンライン版)に掲載されている。