世界では、たくさんの新生児が亡くなっている。その数は、貧しい国々において驚くほど多い。国連児童基金(ユニセフ)は、新生児の死亡に関する報告書「Every Child ALIVE」の中で、生存の可能性が最も低いのはパキスタンや中央アフリカ共和国で生まれた赤ちゃんで、反対に最も高いのは日本で生まれた赤ちゃんであることを明らかにした。