世界睡眠学会(WSS)が睡眠に関する知識の普及や啓発を目的として、2007年に春分の日の前週の金曜日を世界睡眠デーに制定した。世界70カ国以上が世界睡眠デーに参加しており、睡眠障害を予防・治療し睡眠問題が社会に及ぼす悪影響を減らすため多くの活動を行っている。