日本産科婦人科学会は3月12日、公式サイトで一般向けの情報ページ「子宮頸がんとHPVワクチンに関する正しい理解のために」を公開した。子宮頸がんの発生機序や治療などの基礎知識、国内外のヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン接種の状況および安全性の評価について解説している他、同学会のHPVワクチンに対する見解を表明している。