日本アンチ・ドーピング機構専務理事の浅川伸氏は、日本分析機器工業会と日本臨床検査薬協会の共同開催メディアセミナーで講演し、オリンピックなどスポーツ大会でのドーピング検査の現状を解説した。「アンチ・ドーピング活動はドーピングが行われるという"性悪説"に立って行われている」という通り、厳しい検査体制で「ドーピング逃れ」を出さないよう極めて厳格に行われている。しかし同氏は、スポーツの価値を守り高めるためには必要と、アンチ・ドーピング活動の意義を強調した。