カフェインには高血圧のリスクを下げるなど、血管に良い効果があることが報告されている。スイス・ローザンヌ大学の研究グループは、尿中に排泄されるカフェイン量の測定から、カフェインが動脈硬化に与える影響を検討した。その結果、カフェインを多く摂取している人は、あまり摂取していない人に比べて血管に弾力性があったと、Mayo Clin Proc3月15日オンライン版)に報告した。