誰かが脳卒中を発症したとき、救急車を呼ぶのは主に目撃者である。通報は子どもでもできるため、子どもに脳卒中の啓発を行うことが重要となる。米コロンビア大学の研究チームは、脳卒中の教育にヒップホップの曲を活用した「Hip-Hop Stroke(HHS)プログラム」の有効性を、ニューヨーク市の小学生を対象に検討。プログラムはヒップホップ好きの子どもにとって、脳卒中に関する知識の習得に効果的だと、医学専門誌Stroke2018; 49: 972-979 )に報告した。