世界パーキンソン病デーは、欧州パーキンソン病協会(EPDA)と世界保健機関(WHO)がパーキンソン病の周知を図るため1997年に制定した。「An Essay on the Shaking Palsy」という論文を1817年に発表したJames Parkinson医師の誕生日である4月11日を世界パーキンソン病デーとし、2005年に赤いチューリップをパーキンソン病のシンボルとした。