イスラエル・University of HaifaのShira Zelber-Sagi氏らは、赤肉を多く摂取している人では非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)やインスリン抵抗性が起こりやすいと、J Hepatol(2018年3月15日オンライン版)に報告した。