ダイエットや生活習慣病の予防になるとして、若者から高齢者まで多くの人々がウオーキングに励んでいる姿が見られる。このほど、高血圧で心臓病を抱える人のうち、歩行スピードが速いほど入院するリスクが減少するとの研究結果を、イタリア・フェラーラ大学のグループが医学誌European Journal of Preventive Crdiology4月19日オンライン版)で報告した。