甲状腺疾患に関して一般人を啓蒙する目的で、2008年に欧州甲状腺学会(ETA)が5月25日を世界甲状腺デーに制定した。その日はETAの創立記念日で甲状腺周知デーにしている国が欧州にあったため、ETAと米国甲状腺学会が5月25日を世界甲状腺デーとすることに合意した。国際甲状腺連盟(TFI)は2009年から5月25日を含む1週間を国際甲状腺周知週間とし、毎年テーマを決めて甲状腺疾患の啓発運動などを行っている。