高血圧治療薬にインフルエンザウイルスの感染を防ぐ効果がある可能性が見出された。北海道大学大学院の研究グループが発見し、Cell Host Microbe2018年5月10日オンライン版)で報告した。