大学入学時に新入生にかかるストレスは大きいことから、世界保健機関(WHO)は大学1年生を対象に、精神疾患発症に関する世界精神保健調査を行った。その結果、約2割の1年生が精神疾患のため日常生活上の役割をこなせていないと回答したことが分かった(Depress Anxiety 2018年5月30日オンライン版)。