1954年7月12日に国立東京第一病院(現:国立国際医療研究センター)で短期入院を伴う人間ドックが日本で初めて行われたのを記念して、7月12日が人間ドックの日に制定された。当時は「短期間入院特別健康精査」と呼ばれていたが、船を検査するドック(船渠)になぞらえて人間ドックという呼び方が定着した。自分の健康管理に対する意識を高めるという趣旨で定められた。